間取りの失敗を防ぐためには?松本市で注文住宅をお考えの方必見です! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.09.15

間取りの失敗を防ぐためには?松本市で注文住宅をお考えの方必見です!

皆さんは、注文住宅において間取りの重要性をご存知でしょうか。
間取りが最適でなければ、生活の質に影響します。
そのため、実際に注文住宅を建てた後に後悔する方も多いです。
今回は、松本市で注文住宅をお考えの方に、間取りの失敗例と失敗を防ぐコツを解説します。

 

□注文住宅の間取りの失敗例について

注文住宅を建てる場合、特に失敗が多いことを4つ解説します。

1つ目は、生活動線に関する失敗です。
デザイン性や面積の確保ばかりに注力すると、住みにくい家になる可能性があります。
自由な設計ができることが注文住宅の良い点なので、家族の暮らしを第一に考えましょう。
また、家族の交流や家事のしやすさを考慮すると良いでしょう。

2つ目は、収納に関する失敗です。
今住んでいる家で収納がどれほど必要か検討しましょう。
また、収納スペースの使い勝手が悪くて苦労した方も多いので、収納スペースの使いやすさも考慮しましょう。

3つ目は、音・においに関する失敗です。
間取りが原因で騒音問題がでてしまった事例もあります。
たとえば、書斎の真上に子どもの遊び場を設けたり、道路に面した箇所を寝室にしたりしたことが挙げられます。

4つ目は、明るさ・風通し・室温に関する失敗です。
注文住宅において窓の配置はとても重要です。
西側に窓を設けて西日が入り込み、眩しすぎることがあるでしょう。
プロのアドバイスを聞いて、明るさや風通し、室温を最適にする必要があります。

 

□間取りの失敗を防ぐコツとは?

ここでは、間取りづくりの失敗を防ぐコツを3つ解説します。

まずは、実際の生活をシミュレーションすることです。
朝起きる時間や、朝食の準備、身支度を整える順番などをイメージしましょう。
正確なシミュレーションができれば、間取りプランの問題点に気づけます。
家族全員でよく相談して、生活様式や間取りを考えましょう。

次は、周辺環境を把握することです。
交通量や日当たり、周辺の建物との位置関係など何度もチェックすることが大切です。
住んでから、違う場所に建てれば良かったとならないようにしましょう。

最後は、今の不満を調べることです。
間取りはデザインや見た目を意識しがちですが、機能性も配慮しましょう。
そのためには、今住んでいる家の不満を解決するアイデアを盛り込むと良いです。

 

□まとめ

今回は、松本市で注文住宅をお考えの方に、間取りの失敗例と失敗を防ぐコツを解説しました。
実際に住み始めてから後悔しないように、今回解説したことを押さえて、注文住宅を建てましょう。
注文住宅の購入を迷っている方は、当社までお問い合わせください。
follow us!