若いうちから住宅購入するべき理由を塩尻市の不動産会社が紹介 | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.08.26

若いうちから住宅購入するべき理由を塩尻市の不動産会社が紹介

住宅を塩尻市で購入しようとお考えの20代の方はいらっしゃいませんか。
住宅購入は何歳でしても問題がありません。
しかし、若いうちに住宅購入するのには不安がある方も多いでしょう。
若いうちに住宅購入することに問題はあるのでしょうか。

 

□マイホームを購入する年齢の割合

そもそも20代で住宅購入する方は全体でどのくらいの割合なのでしょうか。
20代で住宅購入する割合は、全体の1割程度と少なくなっています。
一方で、最も大きい割合は30代で約5割です。
多くの方が30代で住宅を購入するため、20代で購入しても少し早いだけとも言えます。

ちなみに40代の割合は3割程度で、20代よりは多いもののそこまで多くはありません。
これらのことから、多くの方が30代のうちに住宅を購入しようと考えていることが読み取れますね。

住宅購入のきっかけとして結婚や出産のタイミングが多いのではないのでしょうか。
結婚や出産のタイミングは人それぞれですが、20代でするという方も多いです。
そのため、きっかけとしては20代として購入しても早すぎるということはないでしょう。

 

□住宅購入は若いうちにするべき

年代別の住宅購入の割合を見ましたが、全体として20代で住宅購入する方は少ないです。
しかし、住宅購入は若いうちにすることにメリットがあります。
では、具体的にどのようなメリットあるのでしょうか。

まずは、人生全体で見た時に家賃支払いが少なくなるメリットがあります。
というのも、賃貸に住み続けていると、家賃を支払い続けなければなりません。
しかし、住宅を購入すると家賃はローン完済の後には払わなくて済みます。

また、老後資金の準備に余裕が持てるメリットもあります。
20代で住宅購入をすればローンの完済時期が早くなります。
そのため、老後の資金を貯める期間が長くなり、余裕を持った資金計画が立てられます。

今まで見てきたように、20代で住宅を購入するメリットには資金計画を立てやすいというものがありました。
そのため、20代で住宅購入をするのは、人生における資金計画を余裕を持って立てたい方におすすめと言えます。

 

□まとめ

若いうちから住宅を購入するのには不安が付き纏います。
そのため、住宅購入をするのか迷ってしまいますね。
しかし、若いうちに住宅購入するには資金計画がしやすいというメリットがありました。
早すぎると思われる住宅購入ですが、逆に堅実な判断とも言えます。
今の給料や人生の計画を踏まえて購入時期を考えましょう。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

follow us!