松本市へ移住を考えている方へ!建売住宅を安く買う方法とは!? | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2019.07.02

松本市へ移住を考えている方へ!建売住宅を安く買う方法とは!?

「建売住宅を安く買う方法ってないの?」
「あと50万円下がったら購入も考えるけどなぁ」
「値引きを待って、先に買われたら後悔しそう」
と思う方はいるのではないでしょうか。
住宅は購入するときに諸経費がかかるため、住宅の価格をなるべく安くしたいですよね。
しかし、安く購入したい方は一人ではありません。
そのため、値引きを待っていると、売り切れる場合があります。
そこで、建売住宅を安く買う方法を紹介します。

 

□建売住宅を安く買う方法

*値引きされることを待つ

うまくいけばこの方法で安く購入できます。
しかし、安く購入したい方は自分だけではないかもしれません。
すると、値引きされたときにほんの少しの差で購入できない可能性もあります。
そのため、値引きを待つことは、とても強運な方のみにおすすめします。

 

*仲介手数料を節約する

不動産のシステムで同じ物件を違う不動産会社が扱えることになっています。
そして、不動産会社によって仲介手数料は異なる場合があります。
その中でも、最近は仲介手数料が無料の不動産会社も出てきました。
そのため、仲介手数料がなるべく安い不動産会社を探すことで費用を抑えることができます。

 

*住宅ローンの金利

住宅ローンの金利は建売住宅を安く購入したい方が見落としがちです。
金利が変わると言っても0.1~0.5%ほどの場合が多いです。
しかし、住宅ローンは数千万円利用するため、たったの0.1~0.5%でも数十万円ほど変わります。
そのため、住宅の価格ばかりに目を向けずに、住宅ローンの金利に目を向けてみてはいかがですか。

 

*保証料

保証料とは住宅ローンを利用するときに支払わなければいけないお金です。
保証料の相場は2%です。
しかし、お客様の奪い合いが激しくなっており、約1%まで下がる場合もあります。
そのため、一度保証料が安い銀行を探してみましょう。

 

*融資代行手数料

融資代行手数料とは、不動産会社に住宅ローンを借りるための手助けしてもらうお金です。
融資代行手数料は、自分だけで住宅ローンを利用できるという方は節約できます。
しかし、住宅ローンについて自分だけでは苦戦しそうな方にはおすすめできません。

 

□まとめ

以上、建売住宅を安く買う方法を紹介しました。
建売住宅がいくら安いと言っても、人生で1番高い買い物です。
そのため、この記事を参考に、建売物件を安く購入してみてはいかがですか?
また、「建売住宅の仕様などを詳しく知りたい!」「松本市などにある建売住宅の詳しい場所を知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には優秀なスタッフが在籍しています。
そのため、お客様の話を伺い、丁寧に説明させていただきます。