松本市に家を買う!分譲住宅と建売住宅の違いを解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2019.06.20

松本市に家を買う!分譲住宅と建売住宅の違いを解説します!

松本市で住宅購入を検討されている方はいらっしゃいませんか?
「分譲住宅ってなに?」、「建売住宅となにが違うの?」皆さんの中には、このような考えを持っている方もいるはずです。
そこで今回は、分譲住宅と建売住宅の違いと、当社の分譲住宅の特徴を解説します。

 

□分譲住宅と建売住宅の違い

*そもそも分譲住宅とは?

分譲住宅とは、業者が土地をまとめて購入し、インフラを整備してから、一戸ずつ売るということです。
業者が効率的に作業できるため、住宅の価格が安くなっていることが特徴です。
ここで、業者がまとめて購入した土地を分譲地と言います。
また、「分譲」とは、「分割譲渡」を表しています。

 

*では、建売住宅とは?

建売住宅とは、不動産会社が土地に住宅を建て、それを土地とセットで販売することです。
不動産会社によって設計され、販売されるため、注文住宅のように、設計に自由度はありませんが、規格化された資材や通常の重機で建設できるため、価格が安いことと工期が比較的短いことが長所です。
建売住宅のなかには、住宅が完成する前から販売されているものもあります。

 

*違いは?

実は、分譲住宅と建売住宅に明確な違いはありません。
建物と土地をセットで売るという基本的な部分は同じです。
違いを挙げるとすれば、分譲地に建てられているかどうかという違いのみで、実質的には分譲住宅と建売住宅はほとんど同じと考えて良いです。

 

□当社の分譲(建売)住宅の特徴

次は、当社の分譲住宅の特徴を3つお伝えします。

*充実の設備

一般的に、分譲住宅では、室内の設備が始めからついていないことがほとんどです。
しかし、当社の分譲住宅には充実の設備を標準装備しています。
例えば、システムキッチンやオール電化があり、生活を楽にする設備を最初から装備しています。

 

*高性能の家

当社の分譲住宅は、お客様が快適、安全に暮らせる性能を備えています。
寒冷地である松本市で、冬でも快適に暮らすためには断熱が欠かせません。
そこで、当社は高品質のウレタン断熱材と樹脂製断熱サッシを装備し、冬でも暖かに生活できます。
また、当社の住宅は耐震性にも優れています。
独自の技術により、特殊なゴムで地震の揺れ吸収し、お客様の家を地震から守ります。

 

*洗練されたデザイン

当社は住宅の外観、内装のデザインにもこだわります。
玄関先には、シングルツリー(木)を配置し、玄関は無垢の木の板張り仕様になっているため、上質さを感じさせます。
天井の高さ2.6mのリビングはおしゃれさを演出し、各所に設置された飾り棚により、お客様の好みに合わせた雰囲気をつくることができます。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅と建売住宅の違いと、当社の分譲住宅についてお伝えしました。
この機会にぜひ、当社で分譲住宅を購入しませんか?
お気軽にご連絡ください!
follow us!