松本市で注文住宅をお考えの方へ!注文住宅の頭金について解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.10.03

松本市で注文住宅をお考えの方へ!注文住宅の頭金について解説します!

皆さんは、注文住宅に憧れた経験はございますか。
注文住宅を建てて、子どもの成長を見守っていきたいと考える方は多いです。
しかし、実際を建てるために、どれほど頭金がかかるか分からない方もいらっしゃいます。
そこで今回は、注文住宅に頭金がどれほど必要か、またメリットについて解説します。

 

□注文住宅に頭金はどれほど必要?

一般的に、注文住宅には頭金はどれほど必要なのでしょうか。
ここでは、注文住宅の総費用に対して頭金はどの程度必要なのか解説します。

まず、住宅金融支援機構の調査によると、全国平均の住宅の総費用に対して平均19.4パーセントの頭金を用意していることが分かっています。
これは地域間で異なりますが、約20パーセント前後の頭金を準備していることになります。

このような高額な費用を現金で用意することは難しいでしょう。
お金が用意できないが、どうしても自宅を建てたい場合は頭金なしの選択肢もあります。
しかし、それなりにリスクがあるので、各家庭の予算状況をよく考えた上で検討するようにしましょう。

仮に、頭金なしで注文住宅を購入した場合は、繰り上げ返済という方法もあります。
収入が増加する、あるいは節約して繰上げ返済をすれば、後々の負担を低減できます。
頭金として用意できる額を何かあった時の保険として残し、何事もなければ繰上げ返済することも可能なので、その選択肢も持つようにしましょう。

 

□頭金を払うメリットとは

頭金はできるだけ多めに払うと様々なメリットがあります。
無理なく支払える範囲で頭金を支払うと、後々の負担を低減させます。
ここでは、頭金を払うメリットを3つ解説します。

1つ目は、返済期間や月々の負担が調整しやすい点です。
頭金を多く準備すれば、返済期間や月々の負担を減らせるでしょう。
また総支払額が少なくなるため、最終的な返済期間を長くするのか、早めにするか調整可能です。
もし頭金が少ないと、支払い総額が増え、返済額を一定以下に下げるのが困難になります。

2つ目は、利息を減らせる点です。
特に注文住宅は高額なので、最終的な利息費用が大きく変動します。
頭金の用意は負担が大きいですが、後々を考えると支払いは楽になります。

3つ目は、審査のハードルを下げられる点です。
頭金が多いことで、総支払額が少なくなり、審査のハードルを下げられます。
仕事内容や収入次第でローン審査に通らないこともあるため、頭金に余裕を持たせると審査に通る可能性が高まります。

 

□まとめ

今回は、注文住宅に頭金がどれほど必要か、またメリットについて解説しました。
注文住宅を建てる際に頭金は、住宅の総費用の約20パーセントを要します。
できるだけ多めに頭金を払うとメリットが多いので、検討すると良いでしょう。
注文住宅をお考えの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。
follow us!