松本市で建売住宅をお考えの方へ!寒さ対策のポイントをご紹介! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.09.02

松本市で建売住宅をお考えの方へ!寒さ対策のポイントをご紹介!

「松本市で建売住宅を買いたい」「建売住宅の寒さ対策とは」「建売住宅の良さについて知りたい」
このようにお悩みの方は、いらっしゃいませんか。
そこで今回は、建売住宅が寒い理由と寒さ対策について紹介します。

 

□建売住宅が寒い理由とは

建売住宅が寒くなってしまう原因は主に3つあります。
1つ目は、断熱材のグレードが低いことです。
建売住宅はコストを抑えて購入できます。
そのため、断熱材のコストも抑えられます。

しかし、すべての建売住宅が寒いわけではありません。
保温力が高いグラスウールを使用すれば、暖かさは大きく異なります。

2つ目は、窓の断熱性能が低いことです
窓は、家の熱が出入りする場所です。
そのため、グレードの高い断熱材を使用しても、窓の断熱性が低ければ、多くの熱が窓から逃げていきます。

3つ目は、断熱材の施工が雑なところです。
建売住宅の中には、断熱材のグレードが高いものを使っているにもかかわらず、施工が雑で、本来の性能が発揮できない建物もあります。

また、隙間がある施工の場合、隙間風が入り、壁の内側に結露ができることがあります。
これらはカビやシロアリの原因にもなります。
建売住宅を買う際には、事前に施工が正しくされているか見ておくことが大切です。

 

□寒さ対策のポイントとは

建売住宅の寒さ対策として、大切なことは熱の出入りする場所の断熱性を高めることです。
そこで、窓に対する寒さ対策について、3つ紹介します。

1つ目は窓のサッシを、アルミ樹脂複合サッシに取り替えることです。
樹脂サッシは、寒い地域で使用されている断熱材であるので、保温性が期待できます。
また、アルミサッシは安価で耐久性があります。
そのため、双方の良い性能を兼ね備えていることが大きなポイントです。

2つ目は、窓のガラスの素材です。
断熱性を高めるために、複層ガラスを取り付けることをおすすめします。
ガラスとガラスの間に空気層が作られるため、断熱性と遮音性も高められます。

3つ目は、窓は変えずに床暖房を取り付けることです。
冷たい空気は下にたまる性質があるため、床部分の暖気対策として、非常に効果的です。
住宅の快適性をより高めるために、床暖房を設置することがおすすめです。

 

□まとめ

「冬の寒さをしのぎたい」「家族全員が快適に暮らせる家づくりをしたい」
このようにお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。
建売住宅の寒さ対策でお困りの方はお気軽にご相談ください。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

follow us!