松本市で建売住宅をお探しの方必見!建売住宅の価格について解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2019.09.26

松本市で建売住宅をお探しの方必見!建売住宅の価格について解説します!

「建売住宅ってどのくらい費用が掛かるのだろう。具体的な費用について何もわからない。」
「節約しながら建売住宅の購入を検討したい。」
このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいますか?
注文住宅に比べて建売住宅の価格は安いです。
しかし、建売住宅の価格についてしっかり理解していなければ、安いと思っていたけれど意外と予算が必要で住宅ローンに追われるということになりかねません。
そこで今回は、建売住宅の価格について説明します。

 

□建売住宅購入の落とし穴

多くの方が建売住宅を購入するにあたってチラシやネットで価格を見て、安いと感じるのではないでしょうか?
しかし、チラシなどに書かれている価格には仲介手数料や火災保険料などのその他費用が含まれていません。
安いと思って購入してみたら意外とお金がかかってしまい苦労するという事態に陥ってしまいがちです。
まずはこれを意識して建売住宅購入にあたりましょう。

 

□特に注意しておくべき費用3選

これから紹介する3つの費用に関して注意をしておけば賢く建売住宅を購入することができます。

 

*仲介手数料

この仲介手数料とは住居購入費用の内訳でも土地と物件を除いて最も大きい割合を占めています。
建売住宅の価格が3000万円だったとき仲介手数料が100万円に及ぶところもあります。
不動産会社によってそれぞれですので、安く仲介してもらえる不動産会社を選ぶことで手数料を削減することができます。
また、ハウスメーカーから直接購入することで仲介手数料を0円で買えるなんてこともあります。
このように費用の中でもおおきな割合を占める仲介手数料を削減することができれば大幅に費用を節約することができます。

 

*火災保険料

火災保険料は20万から30万かかるのですが、これは10年などの長期で火災保険を契約している場合が多いためです。
補償内容の検討をして必要のない契約内容を省くことや格安の火災保険をインターネットで探す、短期で保険を契約して様子を見るなどの方法を試してみるのもいいでしょう。

 

*住宅ローンの代行費用

不動産会社が建売住宅を購入するにあたってうまく住宅ローンを支払うことができるようにサポートするための費用なのですが、自分で住宅ローンについて調べることや銀行で相談することで住宅ローンの問題は解決できることがほとんどです。
自分で住宅ローンの申請ができれば、5万から10万ほどの価格が必要になる代行費用を削減できます。

 

□まとめ

建売住宅の価格について説明してきました。
特に重要な3つの費用に関してしっかりと意識して賢く住居の購入を行いましょう。
他にも価格のことでお困りのことがあればぜひ当社が理想の住宅選びをお手伝いさせていただきます。
キッズルームもあるので、小さいお子さんがいらっしゃる方でもお気軽にお問い合わせください。
follow us!