松本市で建て売り住宅を探すなら|家の寿命を解説します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2019.06.29

松本市で建て売り住宅を探すなら|家の寿命を解説します

「建売住宅は、どれくらい住めるの?」
「建売住宅には寿命があるの?」
こういう疑問をお持ちの方多いのではないでしょうか。

家を買う前にはきちんと確認しておきたいですよね。
そこで今回は、皆さんに建売住宅の寿命について詳しく解説します。

 

□家の寿命

建売住宅の寿命は、2~30年と言われています。
しかしこの年数は、どの家にも共通するとは限りません。

どれだけ家に長く住めるかは、使用材料・施工品質・適切なメンテナンスによって異なります。
これら3つの条件のうち、1つでも欠ければ、家の寿命が短くなるので注意してください。

 

□長く住むには、適切なメンテナンスが必要

ほとんどの住宅の設備、内装、外装などの仕上げ材は、30年ほどで寿命を迎えます。
そのため、定期的なメンテナンスをしないと、雨漏りや設備の不備が起きてしまい、家の劣化が早くなります。
また不備が起きた際の修理費用も多くかかってしまいます。
早めにメンテナンスしていればと悔やむことのないよう注意してください。

またメンテナンスの頻度としては、5~10年に1度が好ましいです。
5~10年だと、屋根や外装が劣化していることが多いため、点検を依頼することをオススメします。
建売住宅は、最低ラインの屋根や外装を使っていることが多いため、まめにメンテナンスしておくと安心ですね。

 

□施行品質と仕様材料を確認する

建売住宅は、完成品が多いため、工事過程を見られませんよね。
そして建売住宅の安さの理由の一つには、あまり高くない質の材料を使っていることがあります。
そのため、注文住宅と比較すると、劣化が早い傾向にあります。

したがって、建売住宅を購入する際は、材料の質が良く、長く住めるかをきちんと把握しておきましょう。

質が良いか確かめるポイントは、3つあります。

まず、施行会社に悪い情報がないか調べることです。
過去に違法な作業をしていないか、安全な会社かどうか確認してください。

次に、会社のホームページをチェックすることです。
会社のホームページには、家に使われている材料が掲載されているので、確認しておきましょう。

最後に、施行現場を見に行くことです。
建売住宅には、建設前の物件があります。
そういう場合は直接見に行き、作業員が丁寧に作業しているかを確認すると良いです。

 

□まとめ

以上、建売住宅に寿命があるのかどうかについて解説しました。
せっかく家を購入するなら、長く住める家にしたいですよね。
家の寿命が気になる方は、ぜひ上記の内容を確認してください。