松本市で分譲住宅を買いたい方に伝授!年収から考える購入計画のテクニックとは! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.02.14

松本市で分譲住宅を買いたい方に伝授!年収から考える購入計画のテクニックとは!

「分譲住宅の購入を検討しているが、自分の年収で買えるのかどうか分からない。」
「本当に、今のタイミングで購入して良いのだろうか。」
このようにお考えの方はおられるでしょうか。
そこで今回は、年収を基準にした住宅の購入計画について説明します。
分譲住宅の購入を検討しておられる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 
 

□今の年収でいくらの家なら買えるのか?

 
住宅購入を検討するうえで重要なのが、購入予算の計算です。
予算を考慮せずに住宅購入を進めてしまうと、自分たちが購入できる範囲の金額よりも高い家を購入してしまい、のちの生活が苦しくなってしまう恐れがあります。
このような事態を避けるため、事前に今の年収で買える家の金額を計算しておきましょう。
この金額は、購入時に現金で支払う「頭金」と少しずつ返済していく「住宅ローン借入額」を足して計算します。
頭金は少しでも多く支払っておくと、ローンの返済が楽になります。
かといって、現在の貯金のすべてを頭金として支払ってしまうと、いざという時に使えるお金が無くなってしまいますよね。
つまり、今の貯金からいざという時に使うであろう金額を引いた分の金額が、頭金として払えるということになります。
また、住宅ローンの年間返済額は、年収の25%以内に設定しておくと安心だと言われています。
算出した「頭金」と「住宅ローン借入額」を合わせた金額が、あなたの年収で買える家の金額ということになります。
この金額をきちんと計算してから購入する住宅を選ぶようにすると、金額的に無理のない範囲での住宅購入が可能になるでしょう。

 
 

□住宅購入に適したタイミングも年収で分かる?

 
国土交通省の調査によれば、初めて家を購入する人の購入時の平均年齢は新築が30代、中古が40代となっています。
住宅ローンを完済するまで30年前後かかるとされており、このタイミングで購入すると定年する頃には完済できるので、妥当なタイミングなのではないでしょうか。
また、住宅購入者の年収は家のタイプによっても異なりますが、600~800万円ぐらいだとされています。
年齢と年収を考慮したうえで、自分にとって最適なタイミングで住宅を購入するのが良いでしょう。

 
 

□まとめ

 
事前に今の年収で購入できる住宅の金額や、購入時期などを検討しておくと、後悔の無い住宅購入ができるでしょう。
当社は松本市を中心として、デザイン性と住宅設備の充実を兼ね備えた分譲住宅を販売しています。
分譲住宅の購入を検討中の方がおられましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
follow us!