松本市で分譲住宅を検討している方へ!ペットが過ごしやすい工夫とは? | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2019.12.14

松本市で分譲住宅を検討している方へ!ペットが過ごしやすい工夫とは?

「松本市で分譲住宅を検討している」
「ペットが過ごしやすい分譲住宅について知りたい」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、松本市の方に向けて、ペットが過ごしやすい分譲住宅について、ご紹介します。

 

 

□住宅の室内で起こりやすい事故

 

室内でペットを飼う方が増えています。
しかし、家の中にも多くの危険が潜んでいます。
・若い大型犬に多い誤食
・小型犬に多い骨折
・配線をかじって感電
・キッチン周りで火傷
以上のような事故が起こるため、注意しましょう。

 

 

□ペットが過ごしやすい工夫

 

*滑りにくい床

床が滑りやすいと動物の足や関節に大きな負担を与えてしまいます。
そのため、滑りにくい素材を選びましょう。

 

*傷が付きにくいドア・床・壁

強度のある素材をドア・床・壁に使用することで傷に強くなります。
傷が残る心配が少なくなるため、おすすめです。

 

*段差を作る

室内に段差を作り、自由に歩かせることでペットの運動になります。

 

*ペットのためのスペースを作る

リビングなどの家族が集まる場所にペット用のスペースを作ることで、ペットの様子を常に確認でき、一緒に過ごせます。
ペット用のスペースを部屋に合わせてデザインすることで統一感のあるおしゃれな空間になるので、おすすめです。

 

 

□ペットが過ごしやすい間取りのコツ

 

*玄関ホール

ペットの飛び出し・来客への飛びかかりを防ぐためにも、玄関ホールはペットの出入りを制限しましょう。
ペットフェンスを付けることがおすすめです。

 

*寝室

衛生面を考えるとペットと寝室は分けたいですよね。
互いにぐっすり休むためにも、目線が合わないところにペットの寝床を設置しましょう。

 

*玄関

散歩が日課の動物を飼う場合は、玄関に広さや収納が必要です。
散歩に行くときの準備・帰ってきた後のケアなどのためにも広さや収納は多めに取りましょう。

 

 

□まとめ

 

今回は、松本市の方に向けて、ペットが過ごしやすい分譲住宅について、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、長野県で年間150棟以上のデザイン注文住宅・デザインリノベーションを手掛けています。
保育園・学校・公園などの自然が近く、買い物・通勤・医療機関へのアクセスにも便利な場所を選び建築しています。
暮らしやすさを詰め込んだ住宅仕様が標準装備です。
また、品質管理部による厳格な社内基準検査・第三者機関による検査と保証・当社の安全協力会による高品質な工事によって、当社だからこそできる住宅品質を提供しています。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。