建売住宅の保証はどうなっている?塩尻市の業者が説明します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.11.20

建売住宅の保証はどうなっている?塩尻市の業者が説明します

「建売住宅を探しているけど保証はどうなってるの。」
このような疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。

保証が手薄い住宅に住むと、トラブルが起こった場合のことを考えて不安になるでしょう。
住宅を選ぶ際は、保証が手厚いところを選びたいですよね。
今回は、建売住宅の保証について塩尻市の業者が説明します。

 

□住宅の品質を保証する制度とは

住宅の品質を保証する制度として、瑕疵(かし)担保責任という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
瑕疵とは、引き渡しを受けた住宅で見つかった契約内容とは異なる欠陥のことを指します。
この責任は、万が一瑕疵が発見された場合に、売主が無償で補修してくれるという責任です。
購入した住宅の欠陥に対する保証は基本的に法律で守られていますので、欠陥が見つかっても焦らずに対処しましょう。

 
責任の範囲は契約内容によって異なりますので、契約時に保証について記載されている書類をよく確認することをおすすめします。
その内容を十分に理解してから契約を交わしてくださいね。
責任の所在を明確にしておくことで、相互の理解不足によるトラブルを抑制してくれるでしょう。

 

□業者の選び方とは

住宅の購入は大きな買い物ですので、まずは優れた業者を選ぶことが重要でしょう。
それでは、どのような業者を選べば良いのでしょうか。

 
1つ目の特徴は、アフターサービスが充実している業者です。
建売住宅の良さは品質が安定していることなので、購入するお客様は期待しすぎていることも多いと言えます。
しかし、実際に住んでみると思っていたことと違う点が見つかってがっかりするかもしれません。
そこで、アフターサービスが充実している業者を選んでおけば、気軽に相談できますので良いでしょう。

 
2つ目は、トラブルを解決するために必要な書類を揃えてくれる業者です。
住宅の購入時に、将来起こり得るトラブルを予測して、そのトラブルが起こった際に解決に導いてくれる書類を揃えておくと便利です。
住宅のプロでないとどのようなトラブルが起こるのかある程度予測するのが難しいかもれませんので、ご自身で分からない場合は専門家に質問すると良いでしょう。
具体的な書類としては、保証書や機器のメーカーが記載された書類が挙げられます。

 
3つ目は、住宅の保証が得られる業者です。
どの住宅会社でも、10年間は瑕疵担保の保証が義務付けられています。
契約時に、保証期間や内容についてはっきりと明言してくれる業者を選ぶと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、建売住宅の保証について、塩尻市の住宅会社が説明しました。
本記事で記載されている内容から、一般的な保証について理解できたと思います。
建売住宅を選ぶ際は、実際に住んでみて不安がない住宅を選ぶために、保証内容も確認しましょう。
follow us!