子育てする上で松本市の分譲住宅に塀は本当に必要? | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2020.02.07

子育てする上で松本市の分譲住宅に塀は本当に必要?

「分譲住宅に塀は必要なのか?」
このようなことで悩まれている方はいらっしゃいませんか?
塀は住宅を仕切る代表的な手段として知られています。
今回は新たな住宅を仕切る選択肢としてオープン外構という仕切り方をご紹介します。
塀の注意点とオープン外構の利点も合わせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□塀

住宅を仕切るものとして長年塀は利用されてきました。
昔はブロック塀を利用している住宅が大半でしたが、現在はブロック塀を利用している住宅は減り、フェンスで仕切る住宅が増えてきました。
塀やフェンスを作る場合は以下の注意点とデメリットがあります。

 

*塀の所有権を事前に確認する

「境界線上にあるから、共同の所有物だろう」
と考えている方も多いかもしれません。
塀やフェンスが破損した場合や補修が必要になった場合、トラブルになってしまう恐れがあります。
そのため、塀の所有権を事前に確認した方が良いでしょう。

 

*コストがかさむ

また、塀の劣化が進んでいる場合、地震などの災害が起こった際に倒壊して負傷者が出てしまうことも考えられます。
コストはかさみますが、定期的なメンテナンスが不可欠です。

 

 

□オープン外構

オープン外構とは、隣家や道路との境界にフェンスや塀がほとんどない外構のことを指しています。
オープン外構にすることによって得られるメリットは大きく3つあります。

 

*のびのびした解放感

塀やフェンスがないため、のびのびとした開放感が得られます。
子供を育てるのには最適な環境だといえるでしょう。
また、塀やフェンスがないため街の景観に貢献できると同時に、周辺住民との交流も深まるでしょう。

 

*狭い敷地でも圧迫感がない

分譲住宅の敷地が狭い場合、塀で囲むよりもオープン外構にした方が敷地を有効に使えると言えるでしょう。
また、庭が狭い場合でも塀で囲むより敷地を有効活用できるといえます。

 

*外構工事費が抑えられる

費用を気にしている方には大きなメリットだと言えます。
道路に面している距離が長い住宅においては、大幅なコストダウンが実現できるでしょう。

 

 

□まとめ

このようにオープン外構には様々なメリットがあります。
フリクラフトでは、子育てしやすい環境を考慮した立地に住宅を建築しています。
また、オープン外構を採用しているので、のびのびと子育てをされたい方にはで最適な住宅だと言えるでしょう。
フリクラフトで分譲住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。