塩尻市のお住まいの方必見!注文住宅と建売住宅の違いについて解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.08.21

塩尻市のお住まいの方必見!注文住宅と建売住宅の違いについて解説します!

「塩尻市にマイホームが欲しい」「注文住宅と建売住宅の違いを知りたい」
「注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリットを知りたい」
このようにお考えの方は、いらっしゃいませんか。
そこで今回は、注文住宅と建売住宅の違いと、メリットについて紹介します。

 

□注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅では、建物を建築士に設計してもらい、施工会社と契約を結んでマイホームを建てます。
土地を買って、注文住宅を建てる場合、建物を建てる条件があります。
条件がある場合は、事前に施工会社の方と、相談しておくことが必要です。
しかし、条件がない場合は、すべて自分好みのマイホームを建てられます。

建売住宅では、住宅の売主と契約を結び、土地付きの建物を買います。
建物がすでに建っている場合がほとんどですが、中には未完成のものがあります。
しかし、建売住宅の場合は法律に関する審査を終えているため、設計の変更はできません。

そのため、自分好みの外観や庭を作りたい場合は、注文住宅を購入することがおすすめです。
追加で費用がかかる場合があるので、事前に予算を決めておくことが大切です。

しかし、手間やコストを省きたい方には、建売住宅をおすすめします。
建売住宅の場合は、すでに建っているので、住宅を事前に見られますが、注文住宅の場合は、シミュレーションでしか見られません。

 

□注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリットとは?

注文住宅は、設計や間取りを自分の好みにアレンジできることが1番のメリットです。
デザインだけでなく、壁や床の素材も変えられます。
加えて、住む場所も自分たちで決められるので、憧れの町に住めます。
しかし、間取りや設備すべてに理想を取り入れると、自分たちが決めていた予算を大きく超えることがあります。

そのため、こだわりたい部分に予算を費やし、こだわりのない部分は節約して、設計することがおすすめです。
また、将来、祖父母のためにバリアフリーの家にする可能性がある方には、注文住宅を購入することをおすすめします。

建売住宅は、すでに建物が完成しているので、立地や間取り、価格が検討しやすいです。
また、建売住宅を購入すると、引っ越ししても、すぐに入居できることが大きなポイントです。
コストや手間を省いて、1戸建てのマイホームが欲しい方は、建売住宅がおすすめです。

 

□まとめ

「自分好みのマイホームが欲しい」「すぐに引越ししたい」「将来のために注文住宅が欲しい」
このようにお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。
お困りの方はお気軽にご相談ください。
follow us!