塩尻市にお住まいの方へ!住宅購入の際にできる防犯について解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.05.26

塩尻市にお住まいの方へ!住宅購入の際にできる防犯について解説します!

塩尻市で住宅購入をお考えの方がいらっしゃるかもしれません。
住宅購入する際、いつくかのポイントを押さえておくと、空き巣の被害にあう可能性は低くなります。
また、購入した後でもしっかりと防犯対策をすれば空き巣に狙われにくくなります。
そこで、今回は住宅購入の際にできる防犯対策について解説します。

 

□空き巣被害に遭いやすい家の特徴とは?

 
住宅購入する際、空き巣にあいやすい家には3つの共通点が存在します。

1つ目は公園です。
空き巣などの侵入者は犯行を実行する前に家の状況を事前に確認することが多いです。
公園は不特定多数の人が多く出入りするので、下見をしていてもほとんど気づかれません。
そのため、近くに公園がある場合は常に誰かに生活を見られている危険性があると考えておきましょう。

2つ目は庭です。
庭にはたくさんの植物が植えてあり、中には背の高い植物が多くあるところもあるでしょう。
このような場所は一度侵入されると、外から見えにくいため発見が遅れてしまいます。
そのため、空き巣などの侵入者からはよく狙われてしまいます。

3つ目は立地です。
住宅が大通りに面していたり、住宅街の一部分にあったりとさまざまな立地が考えられるでしょう。
その中でも、空き巣などの侵入者が好む立地条件は行き止まりが多く視界が良くない住宅です。
このような住宅は死角が多く、侵入や逃走が簡単に実行できてしまいます。

 

□空き巣に遭わないための防犯対策を紹介

 
空き巣は防犯対策をしっかりとしていれば、被害に遭う確率を下げられます。
ここでは侵入されないための防犯対策について解説します。
侵入者のほとんどは窓ガラスを割って侵入すると言われています。
そのため、防犯対策として窓ガラスの補強すると良いでしょう。
補強する方法としてガラスを防犯用のものと交換する、防犯用のフィルムを貼ることが挙げられます。

また、補助鍵の設置も防犯として有効です。
補助鍵とは、備え付けの鍵に加えて新たに取り付けられる鍵のことです。
補助鍵は目立たない場所に取り付けられるため、簡単には開けられません。
そのため、侵入者の犯行を断念させる効果が期待できます。
また、庭や玄関にセンサーライトや防犯用の砂利を設置することで、侵入をいち早く察知できるでしょう。

 

□まとめ

 
今回は住宅購入の際にできる防犯対策について解説しました。
住宅を選ぶ際は、立地条件や周りの施設を確認した上で判断すると良いでしょう。
防犯対策としては窓に補助鍵を取り付けたり、庭に防犯用の砂利を設置するのが有効です。
follow us!