塩尻市で建売住宅をお考えの方へ!住宅の断熱性能について解説します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.12.02

塩尻市で建売住宅をお考えの方へ!住宅の断熱性能について解説します

「広い家は光熱費がかかる。」と思っている方はいらっしゃいませんか。
このような悩みをお持ちの方は、断熱についてご存じでしょうか。
住宅を選ぶ際に断熱について知っておくと、冷暖房の効きが良い家を見つけられ、光熱費の削減にも繋がるでしょう。
今回は、塩尻市で建売住宅をお探しの方へ、住宅の断熱性能を解説します。

 

□断熱材とは

まずは、断熱材の働きについて紹介します。

断熱材の役割としては、室内の気温を一定に保つことが挙げられます。
室内を快適な温度にするために、夏には冷房を、冬には暖房を機能させると思います。
断熱材には、冷暖房によって制御された温度を、壁を通して外に逃さないようにする働きがあるでしょう。

また、夏の暑さや冬の寒さが壁を通して室内へ侵入するのを防ぐといった働きもあります。
そのため、冷暖房を無駄に使用することも防げて、光熱費を抑えられます。
壁が熱を通しやすい住宅は、住んでいて快適さを感じられないでしょう。

 
断熱材には、一般的に3つの種類があると言われています。

1つ目は、繊維系のものです。
よく使われる材料には、ガラスを繊維のように加工したグラスウールがあるでしょう。

2つ目は、プラスチック系のものです。
発泡した断熱材を施工部位に吹き付けていきます。
よく用いられる材料として、ポリスチレンやウレタンフォームが挙げられるでしょう。

3つ目は、天然素材のものです。
ウールなどが使用され、高い調湿性能が持ち味と言えるでしょう。

 

□当社の断熱について

当社が扱う住宅も、断熱加工を施しています。
断熱材の中でも、ウレタンフォームを現場で発泡し、施工箇所の気密性を確保しています。
この種類の断熱材の特徴は、発泡した際にできる泡の効果で高い断熱性能を持つことと言えるでしょう。
これにより、寒冷地に建っていても寒さに耐え得る住宅を提供できるのです。

ポリウレタンのデメリットは、燃えた際に有毒なガスを放出することでしょう。
しかし当社では、住宅内の機能をオール電化にまとめ火の元をなくしているため、普段の暮らしをする中で燃える可能性は極めて低いと言えます。
断熱材に関して質問がある方は、ぜひ当社にご相談ください。

 

□まとめ

今回は、塩尻市で建売住宅をお探しの方に向けて、住宅の断熱性能について解説しました。
断熱性能が良い家は冷暖房の効果を十分に発揮させてくれるので、夏は暑くなりにくく冬は寒くなりにくいことが分かりましたね。
当社では、断熱性の高い建売住宅を扱っておりますので、気になる方はぜひ一度ご相談ください。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved for at least 5 minutes.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

follow us!