塩尻市で住宅購入を検討している方へ!おすすめの寒冷地エアコンを紹介します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.02.15

塩尻市で住宅購入を検討している方へ!おすすめの寒冷地エアコンを紹介します!

塩尻市で住宅購入を検討している方はいらっしゃいませんか。
実は、建売住宅の多くには、あらかじめエアコンは設置されていません。
そのため、エアコンの手配はご自身で行う必要があるでしょう。
そこで今回は、おすすめのエアコンを紹介します。
ぜひお役立てください。

 

□多くの建売住宅では最初からエアコンはついていない

先ほども少し述べましたが、新築の建売住宅では、エアコンが設置されていないことが多いです。
中古住宅の場合は、あらかじめ設置されていることもありますが、それは前所有者の残置物です。
賃貸物件の場合も、最初からエアコンがついている場合が多いですが、これは借主への付加価値として設置されているものです。

新築の建売住宅の場合、買主が好みの場所に好みのエアコンを設置できるように、エアコンが設置されていないことが多いです。

当社の場合は、毎月の光熱費を削減する寒冷地用エアコンを標準採用しております。
何かご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

□寒冷地エアコンとは?

寒冷地エアコンは、通常のエアコンよりも室外機がパワフルであり、室外機に凍結対策が施されているといった特徴を持ちます。
そのため、最低気温がマイナス10度以下になる地域にお住まいの方におすすめです。

では、なぜ寒冷地用エアコンは、通常のエアコンに比べてよりパワフルなのでしょうか。
その違いは室外機にあります。

暖房では、まず室外機の熱交換器で、空気が含む熱を外気から取り込みます。
その後、室外機内のコンプレッサーで圧縮し、冷媒に熱を乗せて室内機へ運び、部屋を暖めます。

寒冷地用エアコンの場合、まず熱交換器の大きさや数が異なります。
寒冷地の冷たい空気からでも、多くの熱を集めるために工夫がなされているのです。
さらに、コンプレッサーの威力も通常のものに比べて強力です。

加えて、室外機が凍結や雪、霜で動かなくなる事態を防ぐための工夫もなされています。
例えば、凍結防止ヒーターが室外機の底面に搭載されていたり、動いていない時でもファンが自動的に間欠運転をすることで、雪の吹き込みを減らしたりといった機能が挙げられます。

 

□まとめ

今回の記事では、おすすめの寒冷地エアコンについて解説しました。
寒冷地エアコンは、凍結対策がとられているので、最低気温がマイナス10度を下回る地域に適したエアコンです。
塩尻市にお住まいの方は、ぜひ寒冷地エアコンが設置された住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
follow us!