分量住宅の購入と引越しは妊娠中と産後のどちらの方が良いの?松本市の方へ! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2020.01.01

分量住宅の購入と引越しは妊娠中と産後のどちらの方が良いの?松本市の方へ!

「松本市で分譲住宅を検討している」
「購入と引越しのタイミングは妊娠中と産後どちらの方が良いの?」
と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、松本市の方に向けて、購入と引越しのタイミングは妊娠中と産後のどちらの方が良いのかについて、ご紹介します。

 

 

□新生児や乳児がいるときの部屋探しの注意点

 

荷造りの際に危険な物を遠ざける・段ボールに近づかせないなどの配慮が必要です。
しかし、新生児や乳児は比較的こちらのペースを守りやすいため、荷造りがしやすいです。
人によっては、出産後にまだ体調が戻っていない場合もあるので、無理をせず休憩を取ったり家族にサポートしてもらったりしましょう。

 

 

□妊娠中に購入と引越しを行うメリットとデメリット

 

*メリット

・引越しの荷物が少ない
・荷造りに集中できる
・各種手続きに動きやすい
などのメリットがあります。
赤ちゃんが生まれると、ベビーベッドやサークルなどの大きな家財が増えますよね。
産前であれば、夫婦二人だけの荷物で済みます。
また、授乳やおむつ替えなどで赤ちゃんから目を離さずに済む点も大きなメリットです。

 

*デメリット

・引越し当日に体調が崩れる可能性がある
・荷造り時に重い物を扱えない
・出産のための病院を探す必要がある
・必要な間取りを間違える危険性がある
などのデメリットがあります。

 

 

□産後に購入と引越しを行うメリットとデメリット

 

*メリット

・身体を自分の思うように動かせる
・主体となって引越し作業を行える
などのメリットがあります。
赤ちゃんが寝ている間に片付けや荷造りをしやすいです。

 

*デメリット

・慣れない育児をしながらの引越し作業になる
・月年齢が低い場合は授乳やおむつ替えなどで忙しい
・子供が動き回り作業が進みにくい
・引越し先の手続きが面倒
などのデメリットがあります。

 

 

□まとめ

 

今回は、松本市の方に向けて、購入と引越しのタイミングは妊娠中と産後のどちらの方が良いのかについて、ご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
当社は、長野県で年間150棟以上のデザイン注文住宅・デザインリノベーションを手掛けています。
保育園・学校・公園などの自然が近く、買い物・通勤・医療機関へのアクセスにも便利な場所を選び建築しています。
暮らしやすさを詰め込んだ住宅仕様が標準装備です。
また、品質管理部による厳格な社内基準検査・第三者機関による検査と保証・当社の安全協力会による高品質な工事によって、当社だからこそできる住宅品質を提供しています。
興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。