分譲住宅について松本市の業者が解説!庭の目隠しのメリットと作り方について | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.10.14

分譲住宅について松本市の業者が解説!庭の目隠しのメリットと作り方について

「家の庭に目隠しを作りたい。」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
分譲住宅の購入の際には、家の中だけでなく庭についても考える必要があります。
そこで今回は、分譲住宅を購入する際に気をつけたい庭の目隠しについて専門家が解説します。

 

□目隠しの必要性とは

「庭に目隠しを設置する必要はあるの。」と疑問にお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこではじめに、目隠しを設置する必要性について解説します。
実は家に住んでみてから気になることのランキング上位には、「周りからの視線」がランクインしています。

誰しもプライベートの空間を第三者に見られたくはないですよね。
家を購入する前は大丈夫だと思っていたけれど、購入して住み始めると周囲からの視線が気になってリフォームされた方もいらっしゃいます。
したがって、庭に目隠しを設置することは必要不可欠だと言えるでしょう。

目隠しを設置するといってもさまざまな方法があります。

1つ目は、堀で囲ってしまう方法です。
最近ではオープン外構と呼ばれる家全体を見せるスタイルが流行しているので、ご存知でない方も多いかもしれませんね。
メリットとしては、機能性が高いことが挙げられます。
十分な高さを確保すればプライバシー空間はほぼ完璧に保てるでしょう。

2つ目は、植栽で目隠しを作る方法です。
古くからある日本の住宅は植栽を利用しているケースが多いです。
プライバシーも確保できますし、家の見た目も優しくなるでしょう。

デメリットとしては、どうしても手入れに時間をとられてしまうことが挙げられます。
仕事で忙しい方にとっては負担が大きいかもしれませんね。

3つ目は、フェンスを設置する方法です。
塀のように家全体を覆わずに隠したい部分だけに設置できるのが大きな魅力です。
また、埋め込みタイプのフェンスであれば後から移動させられるので、失敗の怖さが軽減されるでしょう。

 

□目隠しを設置する際の注意点を紹介

続いて、目隠しとしてフェンスを設置する際の注意点を紹介します。
フェンスを設置する上で気をつけたいのが隣人トラブルです。
フェンスを設置したことにより、隣家への日差しが遮られたり風通しの邪魔になったりしていないかを確認するようにしてください。
また、境界トラブルが生じないように境界標を設置しておくことも必要になるでしょう。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅において庭の目隠しを設置することの必要性や目隠しの種類、さらに設置時の注意点について解説しました。
分譲住宅の購入をお考えの方は、ぜひ本記事で紹介したポイントを参考にして目隠しを設置してみてください。
follow us!