分譲住宅で気になるオプションについて!松本市の不動産会社が解説します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.11.01

分譲住宅で気になるオプションについて!松本市の不動産会社が解説します

分譲住宅で必要なオプションについてご存知ですか。
当然ですが、家を購入するだけでは生活を始められません。
そこで今回は、分譲住宅に必要なオプションと、購入の際の注意点について松本市の専門家が解説します。

 

□一般的な分譲住宅に必要なオプションとは

住宅の購入でよくあるトラブルの1つにオプションがないというものがあります。
「住宅を購入したけれど快適に暮らせない。」という事態には陥りたくないですよね。
そこではじめに、基本的な分譲住宅に必要なオプションについて解説します。

1つ目に必要なオプションは、カーテンレールです。
カーテンレールが取り付けられていないなんて意外ですよね。
だからこそ見落としてしまわないように注意が必要です。

2つ目は、表札です。
最近流行しているオープン外構の家であれば、1本足で立っている機能門柱と呼ばれる門柱に表札を取り付けるのが一般的です。
しかし、購入時から用意されているのは簡易的なものがほとんどでしょう。
家の入り口を飾る表札にこだわりたい方はオプションを検討してみてください。

3つ目は、網戸や雨戸です。
住宅会社によって異なりますが、場合によっては網戸が備え付けられていないケースがあります。
網戸がないと窓を開けておけませんよね。
快適に暮らしていくためには必須なものだと言えるでしょう。

4つ目は、家電製品です。
当たり前ですが、家電製品は備え付けられていない場合が多いです。
エアコンやテレビのアンテナなど、意外と見落としやすい家電製品もあるので確認しておくと良いでしょう。

 

□オプションの費用について解説

住宅は安価で購入できたけれど、オプションまで考えると高額になってしまったという事態に陥るのは避けたいですよね。
オプションには、必要不可欠なものからあると便利なものまでさまざまな種類があるので、ご自身の予算と生活スタイルに合わせた選択が大切です。

オプションにかかる費用は、工事費用なども含めると300万円から500万円程度です。
かなり高額に感じた方もいらっしゃいますよね。
これらのオプションを前提とした予算設計や住宅選びを行わないと、予算トラブルが生じてしまうでしょう。
そのため、住宅の購入時にはオプションを含めたトータルの費用を考えるようにしてください。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅の購入で必要となるオプションを取り上げ、その種類と費用に関して解説しました。
本記事で紹介した内容を参考にしていただき、安心して購入した住宅での生活をスタートしていただけると幸いです。
住宅の購入に関して疑問や不安な点がありましたら、お気軽に当社までご連絡ください。
follow us!