分譲住宅ではじめに補修が必要かを確認しよう!安曇野の業者が説明 | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.07.08

分譲住宅ではじめに補修が必要かを確認しよう!安曇野の業者が説明

分譲住宅に欠陥があった場合の対処方法についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
分譲住宅に欠陥があることは基本的には少ないでしょう。
しかし、欠陥が見つかる場合もあります。
そこで今回は安曇野市の業者が欠陥が見つかった場合の対処法について解説します。

 

□物件を確認する際に欠陥が見つかった場合補修を依頼できる

 
分譲住宅の購入ではすでに完成している住宅を購入します。
住宅を見学できるタイミングがあるため、自分が住んだ後のことをリアルにイメージしやすいです。
購入前にしっかりとチェックをしてから購入しましょう。

 

*分譲住宅を購入する際にチェックする点

 
住宅をチェックする際には、注意すべき点があります。
もちろん重視する点は人によりさまざまです。
しかし、一般的にチェックしておくと良いとされているポイントがあるため、確認しておきましょう。

分譲住宅を購入する際には、建築に必要な各書類や、実施設計図や地盤の調査報告書などのより詳細な設計図などを受け取り、実際の建物と比較して確認しましょう。
この確認は難しいため、専門家に依頼しましょう。
基礎にひび割れが無いかや、床の傾きなどは誰でも確認できます。
その点は確認しておきましょう。

 

*チェックで欠陥が見つかった場合

 
このチェックの段階で、欠陥が見つかる場合があります。
欠陥は瑕疵(かし)とも呼ばれます。
瑕疵を補修するための工事費用は、売り主に請求できます。
しかし、どのタイミングでも良いというわけではありません。
契約にもよりますが、その申請期間はおおよそ1年以内です。
できるだけ早く補償を申し出ましょう。

 

□代金の先払いは避ける

 
基本的に分譲住宅のクオリティは低くありません。
しかし、中には悪徳な業者もいます。
そういった業者で多いのは、住宅が建て終わっていないのに代金を請求してくるパターンです。

先払いでもしっかりと住宅が建つのであれば問題ありませんが、悪徳業者であれば手抜き工事をするかもしれません。
通常、建築後の瑕疵は補償してもらえますが、言い逃れされて面倒になるかもしれません。
どんな住宅を建てるときにも言えますが、信頼できる住宅会社を選びましょう。

 

□まとめ

 
基本的に、発覚した欠陥は補償してもらえます。
しかし、手続きは面倒ですし、直してもらえない場合もあります。
そのような事態に陥らないためにも、業者選びは慎重に行いましょう。
信頼できる業者であれば、欠陥も少ないでしょうし、欠陥が出たときも真摯に対応してくれるでしょう。
follow us!