分譲住宅でありがちなトラブルを回避するためのポイントを塩尻市の方にご紹介! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.05.09

分譲住宅でありがちなトラブルを回避するためのポイントを塩尻市の方にご紹介!

分譲住宅の購入をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、トラブルを回避する方法です。
住宅購入時のトラブルを避けるために、売買契約書と重要事項説明書にしっかりと目を通すことが大切です。
そこで今回は、分譲住宅でありがちなトラブルを回避するためのポイントを塩尻市の方にご紹介します。

 

□不動産契約をする際に使用する書類とは

分譲住宅を購入する際にできるだけトラブルは避けたいですよね。
ここではトラブルを避けるためのポイントを紹介します。
ポイントの1つに書類作りがあり、細部にまで目を通すことでトラブルの回避に繋がります。
不動産契約をする際は、売買契約書と重要事項説明書という2種類の書類があります。

売買契約書は、引き渡し期限や支払いに関する約束事が記載されています。
その一方で重要事項説明書には、売買される建物の詳細が記載されています。
どちらもトラブルを避けるために重要なことが書かれているので、細部にまで目を通しましょう。
また両方とも内容が難しいので、理解できない表現があればその場で質問すると良いです。

 

□分譲住宅で起きるトラブルとは

ここでは分譲住宅に住む上で起きやすいトラブルとその回避方法について紹介します。

 

*分譲住宅で起きやすいトラブルとは

起きやすいトラブルを把握しておくと、いざトラブルが起きた時にスムーズに対応できますよね。
ここでは以下の2つを紹介します。
・隣家との境界
・ペットに関するもの

まず隣家との境界に関する例として庭の木が挙げられます。
木が成長することで枝が隣の家にはみ出したり、大量の落ち葉が溜まってしまったりします。
このようなトラブルを避けるためには、定期的にお手入れをすることが大切です。

次はペットによるトラブルです。
一般的に分譲住宅は隣の家との距離が近いです。
そのため、ペットの鳴き声が隣に響いて迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

*トラブルを回避する方法とは

トラブルを回避する上で重要なのが隣の家との関係性です。
困った時に相談できる関係性を築いておくと、何かが起こった際に知らせやすいですよね。
また、お互い様の心を持つことも重要です。
これにより、些細なことであれば大きな問題にはならず、お互いに気持ちよく生活できるでしょう。

 

□まとめ

今回は、分譲住宅でありがちなトラブルを回避するためのポイントを塩尻市の方にご紹介しました。
住宅を購入する際は、売買契約書と重要事項説明書にしっかりと目を通してトラブルを避けましょう。
分譲住宅の購入をお考えの方はぜひお問い合わせください。
follow us!