住宅購入時の団信って何?塩尻市の専門家が解説します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.09.07

住宅購入時の団信って何?塩尻市の専門家が解説します

塩尻市で住宅購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を購入する際には住宅ローンを組む方が多いですが、その中に「団信」という言葉があり、詳しく知りたいという方は多いです。
そこで今回は、団信とはどのようなものなのか解説します。

 

□団信について

団信とは、生命保険の一つです。
正式名称は団体信用生命保険と言い、団信はその略称です。
住宅ローンと保険と聞いて、ピンときてない方もいらっしゃるかもしれません。
一体、住宅ローンが保険とどのように関係しているのでしょうか。

住宅ローンの他にも、何かしらの事情でお金を借りるときに、自分に何かあったら、ということを考える方は多いようです。
確かに、人生ではどのようなことが起こるかわかりません。
例えば職を失ったり、病気になってしまったり、考えたくはありませんが、最悪の場合命を落としてしまうこともあるかもしれません。
そうなってしまった場合、一家の大黒柱である方が抜けた家庭では、ローンの返済が難しくなってしまうでしょう。
この保険に入っていれば、自分に万が一のことがあったときに代わりに住宅ローンが支払われるため、安心してローンが借りられます。

では、万が一の場合とは、具体的にどのような場合なのでしょうか。
団信には通常の保険に加え、3大疾病特約付きのものや8大疾病特約付きのものがあります。
それぞれで条件が異なります。
確認しておきましょう。

通常の団信の場合、借入者が死亡または高度障害になったときに残債が肩代わりされるという内容です。
そのほかの団信では条件が増え、3大疾病特約付きでは、がん・急性心筋梗塞・脳卒中が加えられ、8大疾病特約付きでは、さらに高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎が条件に加えられます。

 

□団信の注意点

住宅ローンを安心して借りられるようになる団信ですが、確認しておくべき点があります。
それは、適応範囲です。
団信にはいくつかの種類があり、それぞれで適用範囲が異なります。
自分に万が一のことがあっても、適応範囲が異なれば肩代わりはされません。
注意しましょう。

またそのほかの注意点として、加入できない場合があることです。
団信は保険ですので審査があり、その審査に通らなければ保険を受けられません。
必ず受けられるわけではないので、覚えておきましょう。

 

□まとめ

団信は住宅ローンを借りる上で必ず入っておきたい保険です。
万が一の際に備えて、適応条件をしっかり確認して団信の加入を検討してみてください。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.

follow us!