住宅購入を決断する人の平均年齢とは?塩尻市在住の方へ! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.02.21

住宅購入を決断する人の平均年齢とは?塩尻市在住の方へ!

「マイホームを購入する平均年齢ってどのくらいだろう」
住宅購入を考え始めた多くの方が、気になる疑問だと思います。
そこで今回は、塩尻市で住宅を購入しようとお考えの方へ、住宅購入を決断する人の平均年齢について解説します。
住宅購入を検討する際の参考になれば幸いです。

 

□住宅購入を決断する人の平均年齢とは?

新築の注文住宅、分譲戸建住宅、分譲マンション、中古戸建住宅を購入する世帯主に多いのは、30代の方です。

また、世帯年収については、分譲戸建住宅の場合、平均688万円です。
ただし、ボリュームゾーンは400万〜600万円なので、ボリュームゾーンよりも高い年収の方が、高額な戸建住宅を購入することで、平均世帯年収が引き上げられていると考えられます。

そのため、収入が増えていくのはこれからという若い世帯でも、分譲戸建住宅の購入を決断していると言えるでしょう。

 

□住宅ローンを組むなら若い方が良い?

一般的に住宅を購入する際は、住宅ローンを借り入れますよね。
では、何歳で住宅ローンを組むと良いのでしょうか。
結論からいうと、30歳がおすすめです。
以下でその理由を解説していきます。

1つ目の理由は、住宅ローンは65歳で完済するのがおすすめだからです。
定年退職した後は、年金が主な収入になりますが、年金で住宅ローンを返済することは基本的に難しいでしょう。

そのため、30歳で35年ローンを組むのがおすすめです。
住宅ローンは借入期間が長いほど、毎月の返済額が小さくなりますよね。
住宅ローンの商品としては、35年ローンが最も長いので、65歳で完済できるかつ、少しでも年収が高い30歳の時に組み始めるのが有利でしょう。

2つ目の理由は、子供の教育費を備えるためです。
住宅の購入だけでなく、子供の教育費も大きな支出の1つですよね。
住宅ローンを40代で組み始めた場合、教育費が必要になる40代、50代の時に、ボーナス返済や繰り上げ返済に追われることになりかねません。

子供の教育費を捻出するためにも、40代、50代で貯金を形成しておく必要があるでしょう。
ボーナス返済や繰り上げ返済をせずに35年ローンを組むとなると、30歳には住宅ローンを組みたいですね。

 

□まとめ

今回は、住宅購入を決断する人の平均年齢について解説しました。
住宅購入を考え始めるきっかけとなれば幸いです。
当社では、長野県で年間約150棟の新築を手がけているからこそできる、くらしを楽しむ新しい住宅を提案しております。
分譲住宅についてお悩みでしたら、お気軽にご連絡ください。
follow us!