住宅購入に必要な資金計画の立て方とは?塩尻市の業者が解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2019.06.15

住宅購入に必要な資金計画の立て方とは?塩尻市の業者が解説します!

住宅購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
「資金計画の立て方がわからない」とお思いの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、資金計画の立て方について塩尻市の不動産業者が解説します。

 

□住宅購入にかかる資金とは

住宅購入をする際にかかる費用といえば、土地代や建物代が真っ先に思い浮かびますよね。
しかし、それだけではありません。
種々の税金や手数料など、たくさんあります。
住宅ローンを借りれば大丈夫と考えている方も注意が必要です。
ローンも審査が通らなければ受け取ることができないからです。
ここからは資金計画の立て方について紹介します。

 

□資金計画の立て方

*予算の把握

まずはご自身が住宅購入にかけられる予算を把握しましょう。
住宅ローンを借りる予定の場合は、どれだけの金額を借りれるか知っておくことも大事です。
無理なくローンを返済するためには、年間の返済額が年収の25~30%以内になるように組むと良いでしょう。

 

*諸費用の把握

予算の計画を立てた後、諸費用について知る必要があります。
諸費用には住宅ローンを借りる際の手数料や消費税、印紙税などの税金、登記や仲介してもらうための手数料など多数あります。
これらの諸費用がどれだけかかるか把握しておきましょう。

 

*流れの把握

住宅購入の申し込みを行った後、契約に移ります。
契約の際、手付金や契約書に貼るための収支印紙にかかる印紙税、仲介手数料などがかかります。
また、契約内容によっては契約後に中間金が必要になる場合があるので注意しましょう。
ローンを申し込む際も印紙税がかかります。
住宅の引渡し後はローンなどの支払いを行います。

 

□資金計画のポイント

*頭金は多めに

住宅ローンを借りる際、借入額が少なければ少ないほど利息が少なくなります。
そのため、頭金は多く用意しておくと返済の負担が軽減します。

 

*余裕を持たせる

住宅を購入する際、余裕のない資金計画を立ててしまうと将来的に支払いが困難になる可能性があります。
諸費用などもかかるため、建物代と土地代を合わせた金額の2割程度多めの資金を用意しておきましょう。

 

*不動産に相談

資金計画を立てる際にローンの借り入れ可能額を決めます。
悩んだときは、不動産会社などにシミュレーションを行なってもらいましょう。
そうすることでより具体的に資金計画を立てられます。

 

□最後に

住宅購入をお考えの方は資金計画を適当に行なってしまうと将来的に大変な思いをすることになります。
きちんと計画を立てて、余裕のある生活を送りましょう。
当社では充実した生活を送るための分譲住宅を提供しています。
何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。
follow us!