住宅購入で生活苦に?塩尻市の専門家が説明します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.08.14

住宅購入で生活苦に?塩尻市の専門家が説明します

住宅購入をお考えの方で、住宅ローンで生活が苦しくなるのではないかと心配な方はいらっしゃいませんか。
住宅購入の際には、多くの費用がかかります。
そのため、その後の生活を考えると、生活苦になっては困ると心配になる方も多いでしょう。
実際はどうなのでしょうか。
塩尻市の業者がご説明します。

 

□住宅購入後に生活苦になる理由

住宅購入の際には、その後の生活を考えて資金計画を綿密に立てる方も多いです。
しかし、資金計画通りに人生が進むとは限りません。
むしろ計画通りにいかないのが人生ではないでしょうか。
では、どのような場合に生活苦に陥ってしまうのでしょうか。
確認しておきましょう。

まずは、収入が減ってしまう場合です。
収入が減ってしまうパターンはさまざまですが、失業や転職、その他にも病気で収入が下がってしまう場合があります。
そのような事態になった場合には、資金計画の見直しを迫られるでしょう。

収入が減るという原因の他に、支出が増えるという原因もあり得ます。
娯楽費などは抑えられますが、増えてしまいがちな費用の一つとして、子供の教育費の増加が挙げられます。
子供がどのような進路を選ぶかは、住宅購入時にはわからないことがほとんどです。

もし私立の学校に進学した場合、かなりの金額が必要になるでしょう。
私立を避ける場合でも、塾に行って勉強するとなると、教育費は上昇します。

 

□住宅ローンが支払えなくなった場合の対処法

住宅購入後に生活苦に陥った場合、家計をやりくりして返済費用を捻出したり、副業や共働きで対応していくことが考えられます。
しかし、どうしても住宅ローンが支払えなくなってしまうという事態もあり得ます。
そのような場合にはどうするべきなのでしょうか。

住宅ローンが支払えなくなってしまった場合の最終手段として、任意売却というものがあります。
任意売却とは、金融機関の合意のもとで実行できる住宅の売却方法です。
任意売却では諸費用や仲介手数料がかかりますが、それらは住宅の売却費用から差し引かれるため、実質手持ちがなくても売却が可能です。
最終手段として念頭に置いておけば、安心して住宅が購入できるでしょう。

 

□まとめ

住宅購入は人生の中でも大きな決断の一つです。
だからこそ最悪の場合を想定しての決断が大切です。
住宅購入前から生活苦に怯える必要はありませんが、リスクへの対処法は知っておいて損はありません。
いざという時のために覚えておきましょう。
follow us!