住宅ローンの審査について松本市で建売住宅をお考えの方へ解説します! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.05.27

住宅ローンの審査について松本市で建売住宅をお考えの方へ解説します!

松本市にお住まいで、建売住宅のローン審査に不安がある方はいらっしゃいませんか。
初めて住宅ローンの審査をするのであれば、慎重にしたいですよね。
そこで今回は、住宅ローンの審査についてご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

 

□住宅ローンの審査とは?

住宅ローンの審査とは、ローンの借入を希望する方が希望している金額を返済できるかどうかを審査することです。

まず、住宅ローンの契約を結ぶまでの流れをご紹介します。
金融機関にどのような物件を購入する予定なのかということとローンの希望額を伝えます。
そして、事前審査を受けるのが基本の流れです。

事前審査では、物件の金額と収入、職業などを確認されます。
最近では、インターネットで事前審査を受けられるところもあるため便利ですね。

事前審査に通ると、次に本審査を受けます。
本審査では、事前審査より詳しく確認される事項が増えます。
そして本審査に通ると、住宅ローンの契約が結べます。

目安として、事前審査はおおよそ1週間、本審査はおおよそ2週間かかるでしょう。
そのため、審査は余裕を持って行うことをおすすめします。

 

□住宅ローンの事前審査に落ちてしまう理由についてご紹介します!

事前審査で落ちる理由はいくつかありますが、今回は3つご紹介します。
これらの理由を参考に、事前審査を進めましょう。

まず1つ目は、完済年齢が高齢であることです。
返済期間が長い場合、借入する際に年齢制限があります。
また、オプションによっては条件が厳しくなる可能性もあるでしょう。
そのため、あらかじめに借入条件を確認することをおすすめします。

2つ目は、借入金額が年収と比べて大きすぎることです。
年収よりも借入金額が大きいと、万が一事故や病気になった場合、支払いに困る可能性があります。
借入金額の目安として、年収のおおよそ5倍にしている方が多いです。
借入金額が大きいほど返済が大変になるため、適切な借入金額を決めましょう。

3つ目は、信用情報に問題があることです。
信用情報とは、ローンやクレジットカードの申込内容や支払い状況などのことを言います。
問題がある場合として、ローンの返済に遅れたことや延滞していることが挙げられます。
信用情報は、指定信用情報機関で蓄積されているため、ローンの契約をする際は自分自身の信用情報を確認しましょう。

 

□まとめ

この記事では、住宅ローンの審査についてご紹介しました。
住宅ローンには、事前審査と本審査があり、早めに事前審査をしましょう。
事前審査に落ちてしまう理由として、完済年齢や年収、信用情報に問題があることが挙げられます。
ローン審査でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
follow us!