マンションと分譲住宅の違いとは!松本市の業者が徹底比較します | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2020.11.07

マンションと分譲住宅の違いとは!松本市の業者が徹底比較します

分譲住宅やマンションの購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
そもそも分譲住宅とマンションでどのような違いがあるのかを理解している方は少ないでしょう。
そこで今回は、松本市の住宅の専門家がマンションと分譲住宅を徹底的に比較します。

 

□分譲住宅とマンションの費用面での違いとは

住宅の購入の際に気になるのはやはり費用面ですよね。
物件の価格だけではなく、管理費用や税金まで含めて比べてみたい方は多いでしょう。

物件の価格自体は、立地条件や床面積によって大きく異なります。
以前は、同じ条件であればマンションの方が割安であると言われていましたが、最近では高級マンションが登場してきたためマンションの価格が上回る傾向があります。
そのため、購入を検討している土地における物件の値段を見ておく必要があるでしょう。

管理費用の面では、マンションの方が高額になってしまうケースが多いです。
マンションの場合は、管理費や修繕積立金、共有部分の清掃費用を負担することが必要になるでしょう。
一方で、一戸建ての場合はそれらの費用を負担する必要はありませんがご自身で清掃をする必要があります。

マンションでも分譲住宅でも、固定資産税はかかってしまいます。
しかし、固定資産税を計算する上で考慮される建物評価額に違いが生じることに注意が必要でしょう。
一般的には、マンションは土地の評価額が少なく建物の評価額が多くなり、分譲住宅の場合は土地の評価額が多く建物の評価額が少なくなります。
結果として、分譲住宅の方が固定資産税は安くなりやすいです。

 

□生活面での違いを解説

続いて、生活面でどのような差異が生まれるのかについて説明します。

分譲住宅のメリットとしては、1つ目に騒音を気にしなくてすむことが挙げられるでしょう。
一戸建ては建物が独立して建っているので、周りに住んでいる人の生活音が気になりません。
また、自分たちが立てる音に関してもマンションに比べると気にしなくて良いので、小さいお子さんがいらっしゃる場合も安心して暮らせるでしょう。

加えて、建て替えやリフォームが自由に行えることもメリットの1つです。
マンションだとどうしても共有部分のリフォームは行えませんよね。
しかし、一戸建てであれば自由にリフォームできるためライフスタイルの変化に対応した家に住めます。

一方で、マンションにもメリットはあります。
マンションのメリットとしては、立地条件の良いマンションが多いことが挙げられるでしょう。
駅の近くには一戸建てよりもマンションが多いイメージはありませんか。
基本的には、マンションの方が一戸建てよりも立地が良い傾向にあります。

また、マンションの場合はセキュリティが良いというメリットも考えられます。
最近のマンションには防犯カメラやオートロックが備え付けられていますよね。
それらの設備があると空き巣や放火の抑制につながります。

 

□まとめ

今回は、生活面と費用面の2つの側面からマンションと分譲住宅を比較しました。
住宅の購入をお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。
follow us!