どの断熱材がおすすめなの?松本市で分譲住宅をお考えの方へ! | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

COLUMN

2021.03.27

どの断熱材がおすすめなの?松本市で分譲住宅をお考えの方へ!

松本市の分譲住宅を検討中で、断熱材でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
「断熱材って本当に必要なのか」「何を基準に選ぶべきか分からない」こんな方も多くいらっしゃるはずです。
そこで今回は、断熱材を検討する際に参考にしていただきたいおすすめの断熱材と断熱性能を向上させるためのアイテムをご紹介します。

 

□おすすめの断熱材「発泡ウレタン」とは?

断熱材には様々な種類が存在しますが、今回は中でもおすすめの「発泡ウレタン」の魅力をご紹介します。
発泡ウレタンのメリットは大きく分けて5つあります。

まずメリットの1つ目として、熱伝導率が低いことが挙げられます。
熱伝導率が低く、他の断熱材と比較しても薄くてもしっかりとした断熱効果を発揮するでしょう。

メリットの2つ目は、防音性能が優れていることです。
防音材として利用されるケースもあるほど、発泡ウレタンは防音性が高いです。
断熱と同時に防音ができるのは、一石二鳥ですよね。
静かな住宅にしたい方にぴったりです。

メリットの3つ目は、自己密着性が高いことです。
発泡ウレタンは下地との密着性が高いため、住まいの壁に隙間ができなくなり断熱性が高まります。

メリットの4つ目は、水分に強いことです。
水分に強い性質のため、湿気の多い日本でも問題なく長く断熱性能を保てます。

またメリットの5つ目として、結露が出にくいことが挙げられます。
これは住宅の耐久性にも関わっており、断熱効果を下げることなく長く使用していただけるでしょう。

当社でも発泡ウレタン断熱材を採用しています。

 

□ 「樹脂サッシ」がおすすめです!

断熱材の他にも断熱性能を向上させるためのアイテムとして、「樹脂サッシ」を取り入れることをおすすめします。
一般的に日本ではアルミサッシを取り入れているところが多いですが、樹脂サッシは冬の寒さが厳しい北欧や北米をはじめとする寒冷地を中心に多くの地域で取り入れられています。
熱伝導率が低く断熱性に優れており、結露が生じにくいことがメリットです。
当社でもより断熱効果の高い住まい作りのため、断熱樹脂サッシを採用しています。

 

□まとめ

今回は、おすすめの断熱材と断熱性能を向上させるためのアイテムをご紹介しました。
発泡ウレタン断熱材は、今回ご紹介したように様々な点において非常におすすめの断熱材です。
断熱材でお悩みの方は、ぜひ検討してみてください。
お悩みや疑問点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。
follow us!