あなたは大丈夫?松本市にある分譲住宅の業者の防犯対策について | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2020.01.26

あなたは大丈夫?松本市にある分譲住宅の業者の防犯対策について

分譲住宅を買うにあたり、防犯対策にお悩みではないですか?
防犯対策は住宅を購入するにあたって気にならずにはいられない重要事項ですよね?
今回は空き巣等に狙われやすい住宅の特徴と、分譲住宅を購入する際に気を付けるべき防犯対策についてご紹介します。
ぜひ防犯対策する上で参考にしてください。

 

 

□狙われやすい住宅

狙われやすい住宅にはいくかの特徴があります。
この項目が当てはまる住宅は危機意識を持つべきでしょう。

 

*敷地内に樹木が多く見通しが悪い住宅

敷地内に樹木が多いと視界が遮らえるため、空き巣のターゲットになる恐れがあります。
空き巣に入ったとしても外からの視界が遮られているため、犯行中に気づかれる心配がないからです。

 

*視界の悪い立地にある住宅

視界の悪い立地にある住宅も標的となる可能性が高いです。
敷地内に樹木が多く見通しが悪い住宅と理由は同じです。
やはり空き巣は視界が悪い住宅に入りやすい傾向にあるでしょう。

 

 

□効果的な防犯対策とは

狙われやすい住宅と特徴が似ていて、不安に感じた方がいらっしゃるかもしれません。
気軽にできる防犯対策として、玄関や窓からの侵入を未然に防ぐことが挙げられます。
また、庭に少しの工夫を施すことで効果的な防犯対策になるでしょう。

 

*玄関

玄関における防犯対策の代表例は、モニター付きインターフォンです。
相手の顔がわかるため、不審者の侵入を未然に防げるでしょう。
また、ピッキング防止機能のついたハウスメーカーもおすすめです。
この方法が玄関の防犯対策として効果的といえるでしょう。

 

*窓

窓から空き巣に入られるケースは多くあります。
そのため、窓の防犯対策はとても重要です。
防犯フィルムを貼り、防犯ガラスにすることが防犯対策になります。
また補助錠つきの窓にすることや、サッシを設置するという方法も、防犯対策として挙げられます。

 

*庭

庭の防犯対策として、1番手軽にできるのが砂利を敷くことです。
砂利の上を歩くと音がするため、もし空き巣が入ってもすぐに見つけられます。
また砂利敷いてあることで空き巣も嫌がるため、庭における最適の防犯対策だといえるでしょう。

 

 

□まとめ

住宅の防犯対策は、私たちにも手軽にできるものが数多くあります。
当社では松本市を拠点に分譲住宅を専門的に取り扱っております。
モニター付きインターフォンや断熱樹脂サッシを導入していますので、防犯対策にぴったりと言えるでしょう。
またオープン外構を採用している物件もあるため、視界も開けているため安心です。
松本市の分譲住宅をぜひご検討ください。