【松本市に在住の方 】建売住宅購入の失敗例をご紹介します。 | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2019.09.07

【松本市に在住の方 】建売住宅購入の失敗例をご紹介します。

「松本市で建売住宅を購入したい」
「建売住宅を購入したいけど、失敗したくない」

このように、建売住宅の購入を考えている方は多くいらっしゃると思います。
しかし、大金がかかる建売住宅で後悔はしたくないですよね。
今回は、よく失敗されるパターンを解説します。

 

□建売住宅を購入する際の失敗例

 

*日当たり

建売住宅で失敗される方で一番多いのは日当たりについて後悔される方です。
一般的に、南向きの建物の日当たりが最も良好と言われていますが、隣に建物が建っている場合はその限りではありません。
また、隣が空き地の場合は、住んでいる途中に建物が建つ場合があるので注意が必要です。
家の下見の際によく確認しておきましょう。
また、安いからという理由で北側に向く建物を購入される方がいますが、やはり日当たりが悪く後悔される方が多いです。
松本市の冬は冷え込みますので、日当たりは重要な要素です。
特に注意してください。

 

*似たようなデザインが多い

建売住宅の多くは外観や内観において、デザインが似たものが多いです。
一般的に売主は、コストを抑えるために普及品を使用する材料が非常に多くなります。
また、同じ会社であれば、同じような仕様の住宅を供給することが一般的です。

 

*昼夜片方のイメージだけで購入してしまう

建売住宅の購入で失敗する人の特徴は、昼間に見た物件のイメージがずっと続くと思っていることです。
昼間のイメージだけで購入した方が引っ越して、いざ生活を始めると、後悔される方が多いです。
例えば、昼間あまり車が通らない大通りでも、夜になれば帰宅ラッシュなどによって、交通量が多くなることも多々あります。
また、隣に居酒屋がある場合、昼は静かであっても、夜はお酒が入った客の声に悩まされることもあるはずです。
更に、時間帯だけではなく見に行った日付も重要な要素です。
例えば、隣が工場であれば休日は定休日で静かな家であっても、平日になると、うるさい物件に変わる場合があります。
隣がお店であれば営業日の状況も把握して契約しましょう。

 

□まとめ

今回は建売住宅の購入の際によくみなさまが後悔される失敗例をご紹介しました。
建売住宅を購入する際には気をつけるべき注意点が多くあります。
後悔されないためにも、そういった注意点に気をつけてご購入ください。
当社では、松本市をはじめとする長野県にある建売住宅を中心に建売住宅購入に関するご相談を随時受け付けています。
建売住宅の購入で分からないことがあれば、ぜひ一度、当社までお問い合わせください。