【家を買うなら松本市】 建売住宅の床下で確認すべきポイントとは? | 分譲住宅 Frecraft(フリクラフト)松本市・塩尻市・安曇野市

コラムColumn

2019.06.11

【家を買うなら松本市】 建売住宅の床下で確認すべきポイントとは?

「建売住宅を購入する際に、現場で確認すべきことって?」

「床下の手抜き工事を見抜く方法が知りたい!」

このようにお困りの方はいらっしゃいませんか?

建売住宅といえば、注文住宅に比べて安い値段で購入できる点が最大の魅力ですよね。

しかし、施工不良など様々なトラブルが起きているのも事実です。

優良住宅を見極めるためにも、今回は建売住宅を購入するときに、床下まわりで確認しておくべきことを解説します。

 

□建売住宅の施工不良とは?

建売住宅は同じ面積の注文住宅よりも、安く買えることが大きなメリットです。

ですが、注文住宅に比べて欠陥住宅が多いという意見があります。

 

・住み始めてから1カ月で雨漏りがしてきた

・壁が剥がれてきた

・フローリングが傷だらけだった

・住み始めて数週間で窓が閉まらなくなった

 

などなど

 

このような建売住宅に対する欠陥の声が寄せられています。

特に、なかなか目の行き届かない床下や屋根裏は注意が必要です。

 

□床下まわりで確認すべきこと

床下まわりは普段の生活では確認することができません。

そのため、床下点検口から目視で手抜き工事がされてないか確認をすることが大切です。

その際、確認すべきことは主に以下の3点です。

 

*工事の廃材が残されていないか

床下に限らず、工事の残材がある現場は業者の姿勢に疑問を感じます。

そのような業者が施工をした現場は手抜き工事されている可能性も高くなります。

床下が汚れている場合は、購入を考え直した方が良いでしょう。

 

*漏水していないか

床下には水道の配管が通っています。

建売住宅の欠陥で多いのが、この床下の漏水なのです。

今まで水漏れした形跡がないか、きちんと確認しましょう。

 

*基礎コンクリートがひび割れしていないか

床下の基礎コンクリートに異常がないかも確認しましょう。

基礎部分も手抜き工事が多い箇所となります。

住宅を支える基礎の部分が脆い家は購入してはいけません。

 

□まとめ

今回は建売住宅を購入する際に、現場で確認しておくべきことについてお話しました。

特に、普段目につかない床下は手抜き工事をされる可能性が高い場所になります。

購入を決めるときは、床下点検口から、床下の様子をしっかり確認しましょう。

また、どの業者が建てた家なのか確認しておくのも重要ですね。

購入する際は、現場のチェックはもちろん、保証期間や内容などを確認してから、購入を決めましょう。

これから建売住宅を購入する際は、ぜひ参考にして下さいね。